[健康生活コラム]
コンピューターが怖い?依存している?テクノストレス
難解な計算や表づくりを瞬時にこなし、インターネットやメールを届けてくれるコンピューターは、私たちの生活に欠かせないものとなっています。
しかし、操作になじめない、度を越して依存してしまうなどの弊害も表れています。

テクノストレスとは?
「テクノストレス」は、コンピューター技術の登場によって起こってきたものです。
これには、コンピューターに適応できない「テクノ不安症」とコンピューターに適応しすぎてしまう「テクノ依存症」があります。コンピューターが普及してきた現在は、テクノ依存症の人が多くなっているようです。


イラスト
イラスト
◆解説◆
イラスト 保さんは、コンピューターに対する苦手意識が強過ぎるあまり、コンピューターへの恐怖心とイライラ感、疲労感などが強まっています。
デジタルの世界に少しずつなじむようにして、どうしても無理な場合は得意な人にお任せすることも必要です。
イラスト 健さんは、コンピューターとの時間が生活の大部分を占めることに慣れてしまい、生身の人間とのふれあいを煩わしく感じています。
あいまいな事柄を扱うのが苦手になり、「はい/いいえ」「正解/不正解」といったデジタル的な考え方をしてしまいます。

あなたのテクノストレス度チェック!
■あなたは「テクノストレス」?以下の5つの項目をチェックしてみてください!
1目の症状:疲れる、重い、充血する、かすむなど。
2身体面の症状:頭痛、肩こり、腰痛、首の痛み、痙攣など。
3精神面の症状:不安感、イライラ感、緊張感、憂鬱な気分、不眠、慢性疲労、記憶力の低下など。
4作業能力の変化:以前より時間がかかる、ミスをする頻度が増えたなど。
5対人関係面の変化:人と会って話をするのが、面倒、コンピューターに向かっていると落ち着くなど。
これら5項目のうちで、2つ以上が認められる場合は、テクノストレスの初期症状が始まっているかもしれませんので注意してください。
3つ以上当てはまる場合は、早めに対処が必要です。
テクノストレスへの対処法
1コンピューター作業中には、意識的に休憩をとる。
2体を動かしたり、音楽や絵を楽しむなど、余暇の過ごし方を工夫する。
3家族や友人と一緒に過ごす時間を大切にする。
4じっくり自分の心を見つめなおす時間をもつ。
5自分の感情を素直に出せる場面をつくる。
6コンピューター操作以外の自分の能力を大切にする。

Copyright 1999-2018 NTPGROUPntpg@ntp-g.com
本文中に記載されている社名、商品名、ロゴは各社の登録商標または商標です。